自動売買にお任せで老後資金を稼ぐブログ

20歳で株に手を出すも大きな損失を出し、さらにFXで損失を重ね、一時1千万円を超える借金を背負う。老後は2,000万円が必要らしいとのことから、トラリピを中心に資金運用中。

AUD/NZD自動売買 4月第3週+2,164円

f:id:gorikin:20210418134651j:plain

最近のAUD/NZDは1.080円台から動きがありません。

そのため、なかなか決済までもっていけていない状況が続いていますが、今週は久しぶりの決済で、利益+2,164円、回数4回でした。(*^_^*)

累計決済利益も8万円越え、取引回数も160回越えと良い感じで回ってくれていますので、引き続きこのままレンジ往復の繰り返しを期待しています。

一旦、大きく下げてほしいんですけどね♪

f:id:gorikin:20210418141039j:plain
AUD/NZD自動売買は設定来、安定して『ポジ保有⇒決済』を繰り返してくれています。メインの8通貨トラリピの動きが無い場面でも、AUD/NZD自動売買はコツコツと利益を積み上げてくれています。

マネースクエア_豪ドル/NZドル

↓↓設定方法などは、以下の記事を参考にしてみてください(*^_^*)

昨年11月中旬から、『AUD/NZD自動売買』を始めました!

元は、僕がいつもお世話になっている鈴さん(@semiritaia_suzu) / Twitterの株ETF&為替AUD/NZDの組合せによるハイブリッド取引なのですが、稼働するには150万円近くの資金が必要になり、借金を抱える私に全ての資金を用意するのはムリでした(;^ω^)

そこで、資金70万円で、『AUD/NZDだけを切り出して』稼働させています♪

稼働を始めた昨年11月16日~4月16日までの成績を載せていますので、これから始めようと考えている方のご参考になってくれたらうれしいです☆

 (最後に設定方法を紹介しています)

マネースクエアHPより

◆AUD/NZDの特徴として、

 狭い範囲での値動きが多い⇒AUD/NZDは他の通貨ぺアに比べて相関関係が強いため、リスクを抑えながら、リピートしやすい。

2015年1月~2020年6月の高低差

2015年1月~2020年6月の高低差

(単位:pips)

豪ドル/NZドル(週足終値)

コロナショック

 今なら売り買いスワップゼロ⇒いくら狭い範囲での値動きが特徴といっても、その日に建てたポジションが当日に決済されるわけではありません。

 特に、今は買いポジション(通常スワップはマイナス)が先行している局面ですので、持ち越しのマイナススワップはボディブローのように効いてきます。

 上記の私の『11月16日~4月16日までの23週間の成績グラフ』を見ていただくと分かりますが、初めて利確出来たのが11月27日の週になってから。通常なら、この間はマイナススワップが付与されますが、現在は「優遇スワップキャンペーン中」で、マネースクエアさんのトラリピは、今なら売り買いスワップゼロになっています。

◆私が運用している上記『AUD/NZDに特化した自動売買』の設定◆

 ①買い設定1.01100~1.04000 0.001銭間隔 30本

 ②買い設定1.04050~1.07000 0.0005銭間隔  60本

 ③売り設定1.07050~1.10000 0.0005銭間隔  60本

 ④売り設定1.13000~1.10100 0.001銭間隔 30本

利確幅70pips

マネースクエア

マネースクエア_豪ドル/NZドル

f:id:gorikin:20201206180631j:plain今は、トラリピのちょうど中間付近で動いていますので、私が始めた時より更に始めやすいと思います。さらに、マネースクエアさんでは、売り買いともにスワップゼロ期間延長とのことで、うれしすぎます(^O^)/

これからチャレンジされる方のご参考まで♪